FC2ブログ
2018.10   09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は朝から映画見に行ってきました。

タイトルはガリレオ 容疑者Xの献身です。
朝の10:30分から始まるやつを見てきました。
面白かったYO!!
原作は映画の方を純粋に楽しみたかったので読まずに行きましたが、個人的に話は難しくないので特に読まずに言っても理解できると思います。

にしても福山雅治かっこいいねえ。男でも惚れるカッコよさ。顔が変えられるなら・・・福山がいい。あとあのボイスもほしいですが。

以下ネタバレ含む感想をです。
なるべくネタバレ内容に書きますが、

突っ込みどころというか・・・途中で大体のトリックが分かります。ドラマと違うなあと思ったのは実験がないところ。敵が数学者の為に派手な演出がなく、論理的思考に対抗するという話でした。

堤真一さんもかっこいいです。はい。松雪奉子も美人です。はい。

んで話でトリックが分かってしまうのは2回通るホームレスの多い道のシーン。毎回通っているのと明らかに一人減っているので何かあると思います。んで日付に矛盾があり、その他いろいろふまえると

死体が2つあることが、分かります。
(ドラックで反転してください。)

なのでまあ話としては成り立っていますが、いまいち迫力に欠ける気がして仕方ありません。

またメインキャラである柴咲コウや品川・真矢みき・渡辺いっけい(敬称略)があまり活躍しないのもエーーと思いました。特にいっけいさん出番少なさ杉。

ドラマを見てると毎回派手な実験シーンがあるため、原作を読まずに行くと、そのギャップでつまずきます。自分もその一人ですが。

なので、全体の感想としましては、推理モノとしてはあまりですが、話の流れや、ドラマを含む世界観、湯川という人間という点から、楽しむことができます。なので推理モノが好きな方、苦手な方、どちらでも楽しめるこの話は良いものだと思いました。

あとはデトロイトメタシティーと先の二十世紀少年(2章)を次に見たいと思いました。
スポンサーサイト


Secret

TrackBack URL
→http://gurindom.blog20.fc2.com/tb.php/271-cb3cb072
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。